FC2ブログ
さいたまおしゃれメガネwalk
知っておいて損しない目の情報10 【メガネで起こる体調不良について】
2020-02-12-Wed  CATEGORY: 未分類
私の検査が100%とは言いません。でも今回3年前にお作り頂いたメガネと現在の目の状況で、お度数の変化がありませんでした。良い結果だったと思います。

そして今日もあるお客様にお電話で見え方を確認させて頂いたら、メガネが手放せなくなったと言う嬉しいお知らせを頂いた。

この喜びのお言葉を聞く度に、【頑張って2年間眼鏡学校へ行って勉強して認定眼鏡士を取得】して、眼鏡技術者協会主催の講習会へ何度も何度も受講して良かったと思うのです。

【大事なのはここからです】これはメガネに関わって5000人以上の人を検査して診て来ての経験からのお話です。

強過ぎるメガネは、交感神経や副交感神経に、影響し自律神経系に、問題を起こす可能性もあるのではと思われる症状の方も診て来ました。

調節機能の強さやズレの大きさを、考慮せずむやみやたらに弱過ぎる度数で、お作りになられたメガネが原因で、調節性内斜位と言う、常に寄り目の状況を作り出してしまったであろうメガネを掛けていた方も診て来ました。

また先日子供の頃に目の検査で有名な眼科さんで処方をした子が、高校生になり自分でバイトしてTV📺宣伝で、有名なお店でメガネを作り1年かけていたら0.6迄視力が低下していたと言う状況も診て来ました。

見えなくなった気がすると、うちのお店に来てくれて調べてみたら?なんで?と言う状況が起きていて、すぐに度数を変更しました。

上記は左右の目のバランスの悪さが原因ではないかと思われました。

また強過ぎるコンタクトを、コンタクト会社様が運営する眼科さんで、処方されていて自律神経系に乱れを起こしていたであろう方もいらっしゃいました。

絶対とは言いませんがあまりにも素人過ぎる酷い処方が健康被害を出している様に感じます。

調節力のある子供さんにプリズムと言う処方をすれば大変な事になる可能性もありえます。

最近やたら自社だけの資格でいかにも勉強している様な宣伝が氾濫し過ぎていると感じ敢えて書きました。

眼精疲労や原因不明の頭痛、めまい、体調不良が目の調節機能の無理が祟って、それが原因で起こっていたり、目のズレが大き過ぎる事が原因だったり、寧ろメンタルクリニックで処方された薬が💊原因だったり、作成したメガネの目の左右の度数のバランスが悪くて起こっている可能性も多々あります。

a href="http://horizonterasu.blog9.fc2.com/img/111.jpeg/" target="_blank">111.jpeg

私の自慢する気はありません❗️ただ3年でこれだけの講習会へ行っていても人の目を測ると言う事は不安なのです。

【認定眼鏡士】を取得するとこの様な全国で開催される講習会へ参加する事も出来るのです。

1年に1度の講習会参加は義務付けられておりますがその他は自由参加です。

技術者さんにも色々な方がおりますが【認定眼鏡士】は実務経験5年と言う経験もあります。

5年有れば少なくとも3000人以上の目の検査経験は有ると思います。

目の検査を受けるお客様側も良く調べてメガネ店なり眼科さんなりを選択して頂けたらと思います。

2707D554-9AFA-40A9-8BB6-0424FD43FFFC.jpeg

【認定眼鏡士】は実務経験5年以上あり、眼鏡技術者協会から一定のレベルを、取得していると認められた者。
及び通信課程で2年の基礎的な勉強を学んだ者に与えられる認定資格です。


4170F996-EDC3-46E7-8BAD-C6167304EF20.jpeg

スポンサーサイト



トラックバック0 コメント0
知っておいて損しない目の情報9 【レンズの厚みについて】
2020-02-11-Tue  CATEGORY: 未分類
メガネユーザーさんが一番気になるのはレンズの価格ではないでしょうか?

良く耳にするのはメガネ屋さんにいくとレンズ代がどんどん上がっていくと言うお話です。

薄型、超薄型、極薄型、でどの位厚みが変わるのか?と言うと目の度数にもよりますが・・・

はっきり書くと薄型、超薄型、極薄型にするよりも目と目の間の距離PD考慮して考えて、黒目の中心からフレームの端迄の距離を2cm以内にした方が有利なのです。

だから強度近視と言うと小さいレンズ枠の小さいフレームになるのです。

でもただフレームが小さいだけでなくレンズ枠とレンズ枠の間の幅画像のブリッチと言う部分との組み合わせも大事なのです。

そう言う細かい部分をしっかり聞いてご購入頂けたら損のない買い方が出来ると思います。

メガネの検査や調整もしかりですがすぐ出来るしこれでいいやと言う軽い気持ちで作れる物ではないと言う事をご理解頂けたら嬉しいです。

メガネが合わずに眼精疲労や原因不明の頭痛やめまい体調不良を引き起こしている方も沢山いらっしゃいます。

しっかりと勉強されている検査員【認定眼鏡士】の在籍するお店でのご購入をお勧め致します。

5938329B-BE0D-4508-9373-6A1214E58966.jpeg

FE4DDE5F-3517-43AA-AA70-5DFF94E0BA4E.jpeg

4F46A75B-2FBE-459C-9C6C-6CB4F4574050.jpeg
トラックバック0 コメント0
知っておいて損しない目の情報8【弱過ぎるメガネ強過ぎるメガネ】
2020-02-11-Tue  CATEGORY: 未分類
どちらにも問題が起こる可能性があります。昨今SNSやブログ等で情報を入手し易くなった反面

あまりにもいい加減な目の知識やノリで販売する人達も数多く見受けられる様になりましたのでブログを書かせて頂きました。

なぜ強過ぎる度数のメガネが悪いのか?それは目の調節機能に無理を強いたり、交感神経と副交感神経に悪影響を与えたりする事も15年の経験からあるのではないかと思えるメガネユーザーを見てきたから感じるからです。

またやたらと弱過ぎるメガネを掛け続ける事で内斜位と言って物を見る時の目の焦点が手前側になってしまった人も15年の経験の中で診てきました。

ですのでまず左右の目の見え方のバランスが取れているのか?

調節機能は強いのか弱いのか弱いのか?目を寄せる力が強いのか?弱いのか?

近くを見る時の目のズレがどの位あるのか?遠くを見る時のズレがどの位あるのか?

しっかりと診て目の癖を診て経験や知識から度数決定する必要が有ると思います。

少なくでも【認定眼鏡士は実務経験5年以上基礎的な知識2年の通信課程は終了しており眼鏡技術者協会と言う協会から認定されております】

数ヶ月の自社研修だけの資格等とは違います。

実際にその様なメガネを掛けて健康被害に遭われている方等がいらっしゃいます。

資格に関してもご自分でしっかりと調べて臨床結果がある資格なのか?良く調べてメガネはお作り頂く事が大事です。

経験が少なくても資格がなくても一生懸命やられている方はいらっしゃいます

ただあまりにも目の検査やメガネの調整についてズレた認識の情報が氾濫しているので書かせて頂きました。

メガネは快適な見え方でしっかりと調整して快適な掛け心地で素敵に💕になれるメガネでメガネを好きになって貰える事が大事なんです。

健康被害が出てメガネを嫌いになられてしまう事が一番悲しい・・・

真剣に目と向き合うなら気が有る方は眼鏡学校へ行って頂ける事を願います。

90.jpeg


トラックバック0 コメント0
知っておいて損しない目の情報7【近赤外線カットは肌のシミを抑える】
2020-02-07-Fri  CATEGORY: 未分類
世の中にはマスメディアやSNSによるマーケティングで色々な情報が氾濫している。

まずその情報が正しいのかどうか?色々と調べてみる必要性もあるのではないかと思うのです。

まず目の検査でもそうですが100%合うはありませんが、そのメガネを掛けた本人が心地良く感じればそれが正解なのではないでしょうか?

目の検査は片目ずつやると目の調節機能に変化が起こる方もいらっしゃいます。

目は両目で見ていると言う観点から片目に光を入れて検査すると言う方法もございます。

その方の目に合った検査方法を用いて検査すると言う事が大事な気がします。

A6A43F8F-FDFE-43F6-9076-1647B0357273.jpeg

【ブルーライト】についての一般ユーザーさんの認識

ブルーライト=パソコン💻の悪い波長を全てカットすると言う認識の方が多いのですが、ブルーライトと言われる波長は380nm〜500nm迄のいわゆる短波長と言われる光ですが、そこを100%全てカットしたら見える光が相当に暗く感じます。

なので500nmの波長は10%位のカット率になっているものが大半なのです。
今はHEVと言われる強い短波長をカットするものが目の網膜を守ると言う事で好評です。

40代辺り〜は硝子体が減りはじめます。その時に網膜が剥がれはじめます。それが飛蚊症と言われます。
また黄斑部分び歪みが出て来ます。それを加齢黄斑変性症と言われています。

なのでブルーライトと言ってもどの位の波長をカットするものなのか?等疑問に感じたら良く聞いて自分に必要かどうか?を判断して購入される事をお勧め致します。

4607D2CC-2A4A-4E35-B040-5B129AF39111.jpeg

5120DD29-0346-41FE-927E-5FC524E11052.jpeg

EB267B78-E487-4283-A986-F78F5D20B1D1.jpeg

【近赤外線】は真皮や筋組織をジワジワと破壊してシミやシワを作る原因の一つです。
帽子等で日除けをしても肝心の目元を守られていない方を良くお見掛けします。

シミやシワが気になる方は近赤外線カットをしましょう❗️

9B7BBE9F-153C-457D-9394-CAEF755774FB.jpeg
トラックバック0 コメント0
知っておいて損しない目の情報6
2020-02-05-Wed  CATEGORY: 未分類
白内障の手術は早くやった方が良いのか?私的には視力が0.7位が見えていればNoです。

勿論眼科の先生の見解は様々ですが水晶体が硬くなる前に手術を勧める医師やその医師の方針によって様々です。

医師と言えども様々な人がおります。職人気質の医師もいれば経営感覚の優れた医師もいらっしゃいます。

保険外診療実費での診療を勧める医師もいらっしゃいます。

遠近両用の眼内レンズを勧める医師もおりますが、遠近両用は保険外治療となり、◯十万もお支払いする事になりますが、私的にはまだ遠近両用眼内レンズは未完成の部分が多い様に思います。

それなら遠方視力を0.7位が見える様なレンズにして貰えば、近くも見えて普段の生活には困らない視力になります。

近視の人はメガネを外せば近くが見えると言うのと同じ原理なのです。

医師に勧められるとついついそのままお願いしてしまいますが手術には100%はありません。

手術をするその前に❗️一度冷静になって周りにご相談ください。

見えてるから大丈夫❗️ではなくて一度自分の見え方を知って頂きたい❗️

メガネはあなたの目の代わりになる物なのです。大事にされてくださいね。

BF17460B-AF1D-453F-8B55-7180B20FAB9A.jpeg
トラックバック0 コメント0
<< 2020/02 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29


Copyright © 2020 さいたまおしゃれメガネwalk. all rights reserved.