さいたまおしゃれメガネwalk
新作の入荷ですよー
2017-05-15-Mon  CATEGORY: 未分類
新作フレームErikoが何本か入荷しましたよーこのフロント部分は本当にワイヤーを編んでいるんです

これ私のマイVioRou(ヴィオルー)なんですけどワイヤーだけに弾力性に優れて掛け心地も柔らかいです

是非是非掛けにいらしてみて下さいねー

20170515145958aa9.jpg
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
最近若い人が眼の健康を考えてご来店される様になりました
2017-05-14-Sun  CATEGORY: 未分類
しっかりとした検査がしたいと言われて来る方もいれば眼を保護したいと言う方もいらっしゃいますので当店はブルーライトカットレンズが売れてます

私も自分の眼の保護で自分が愛用して良さがわかるのでお勧めさせて頂いている事も有るかも知れませんが・・・

また今までの眼鏡とは違う少量生産の物を探していらっしゃる方も増えている様に思います

ただそう言う方もブルーライトカットレンズの説明をするとそちらのレンズになります

それだけブルーライトカットレンズは楽なのです、お試し頂いた方皆さんが絶賛されています

是非皆さんも本物のブルーライトカットレンズを知って下さい

201705142005460f0.jpg
トラックバック0 コメント0
ブルーライトカットとは
2017-05-11-Thu  CATEGORY: 未分類
良く宣伝でブルーライトカットと言う言葉を耳にされる方は多いと思うのですが実際どういう事なのかはメガネユーザーさんのほぼ9割位の方は大雑把にしか理解されていないのでは?と思うのです

丁度わかりやすい画像がありましたので見て頂けると一目瞭然かと思いますの①の画像の赤丸の部分には黄色い点は見えません何故ならメガネレンズでブルーライトカットしているからです


201705112210227c9.jpg

②の画像の赤丸の部分には黄色い点が見えます、これが良くブルーライトと言われている波長の光です
この模型は眼の断面図で黄色い部分が人間の目から入った画像を映画のスクリーンの様に写し出して映像を脳に伝える部分だと考えて下さい
そしてその黄色い点がブルーライトなのです(このレンズはブルーライトカットしていないです)

その網膜と言う部分に画像の様にブルーライトが当たると網膜細胞が破壊されていくのです


20170511221025e06.jpg

ここから先の画像にはUV(紫外線)とIR(赤外線)がいかに目に悪いかが書かれている画像です
聞いた話によると411ナノメートルと言う数値の光が網膜細胞の組織を破壊する事がわかったらしいです

ですので強度近視と言われる方などは網膜裂孔の恐れがあるのでブルーライトカットはお勧めします


20170511221029c38.jpg

20170511221028a22.jpg

2017051122103006c.jpg

最後のレンズはブルーライトカットとは関係有りませんがオマケです
このレンズはプリズムレンズといい目のズレなどをレンズで調整する時に使用する物です
赤丸の部分に後ろのボード板のズレがわかりますでしょうか?これが目のズレを治すレンズなのです
このレンズのお話は長くなるので見てまた次回と言う事で😅


20170511221030003.jpg
トラックバック0 コメント0
眼鏡は自分を更にsexyにも清楚にでも表現出来る物なのです
2017-05-10-Wed  CATEGORY: 未分類
何故なら眼鏡は顔のパーツ一部だからです、いくらsexyな装いをしても似合わない眼鏡を掛けたらsexyには見えない・・・
逆に眼鏡を上手く使えば小悪魔的sexyな女性にも変身出来る眼鏡も沢山あるのです

これから女性が光る季節です❗️是非是非サングラスや眼鏡を使って今までの自分とは違う自分を演出してみませんか?

201705100920538c1.jpg

20170511123532428.jpg

20170511123530c2a.jpg
トラックバック0 コメント0
私が厳選する眼鏡
2017-05-06-Sat  CATEGORY: 未分類
僕の若かりし頃はアパレルは原宿や渋谷、キャッツストリート等にあるお店がプロデュースして仕掛けていた・・・
今も残るスタイルは腰履きスタイルです

腰履きスタイルを仕掛けた事には理由がありました
あの当時(40年弱前頃)の流行は丁度パンタロンスタイル(イギリスのスタイル)でフォークを歌うスタイルが終わり
ロックンロールブーム(アメリカングラフティ)が来ていました

丁度古着屋と言う言葉が出始めた頃です
その当時アパレルのお店をやっていた友人に聞いた話です

その当時アメリカから来る古着はダンボール一箱で¥3000位でその中に何百と言う古着が入っておりその一枚が¥3000位でバンバン売れたのですから販売していて笑いが止まらないと言っていました

その当時スケートも輸入されスケートを表参道等で乗る事がカッコいいと言われる様になりました
その当時リーバイスの赤タグと言われるジーパンは物によっては何万と言うプレミアが付きました

その時丈の短い赤タグは古着としては使い物にならないと言う事で凄く安かったそうです
そこに目を付けた人達がスケーターにパンツをずらすスタイルで流行らせて高値で販売したと聞いた事が有りました

今は小さなお店が仕掛けるのではなくその当時儲けて大きくなった企業や大手といわれる企業が金に物を言わせてTV等を使って仕掛ける事が主流になり仕掛け方も面白くなくなり利益ばかりを求める商売に成り下がってしまった様に思います

そんな中私は昔の様に小さなお店だから知る人ぞ知ると言うブランドを探して紹介したいと思い若い時に感じた感性と同じ匂いを感じるブランドばかりを集めジワジワと紹介させて頂こうと思うようになりました

このSTEADY(スティディ)もそうです、今の流行の様で他のデザインとは一線を画しているんです

今はアンティークスタイルが流行で皆同じ様なブランド名で沢山の人がお洒落気取りで掛けてますが本当にお洒落な人はさり気なく人とは一線を画したデザインを描いている眼鏡フレームをさり気に掛けているし・・・服でも靴でもBagでも持っている物が人と違う人だと思うんですよね

そういう人は本当にいい物を知っているから流行に流されないんです
私の感性が正解なのかはわかりませんが・・・次はツーブリと言う眼鏡フレームが再来する予感がします

201705061851362ce.jpg
トラックバック0 コメント0
<< 2017/05 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


Copyright © 2017 さいたまおしゃれメガネwalk. all rights reserved.