fc2ブログ
さいたまおしゃれメガネwalk
なぜ強度近視と言われる方のメガネは、なんとなくしっくりこないメガネになってしまうのか❓
2022-08-16-Tue  CATEGORY: 未分類
それは色々な要素が考えられますが、主に目からレンズ迄の距離【画像①】、右目と左目の傾き【画像②】が大きな原因としては考えられます。

強度近視と言われる方は1mmのズレでも見え方が変わってしまうのですが、その1mmを正確に測るには、測定者の経験値と色々な測定機器が必要なのです。画像③④

当店には、他の色々な所で処方されたが、いまいちすっきりされないと言われて来店される方が沢山いらっしゃいます。

見え方も勿論ですが見られ方も大切です。メガネの凹みを軽減するには・・・目が小さく見ない様にするには・・・

その秘策は、ブログでは書けませんので、ご予約を頂いてお店にご来店頂けましたお客様には説明させて頂く事とします。

それではまたー

82E3F13C-4C48-4061-89DA-AEB7C0895F3D.jpeg

4C8E1317-BA2B-413A-B2F8-DF81E716B6BB.jpeg

89A8DB25-ED55-450D-A270-7C5D6C632432.jpeg

E9ADCEB6-4D1C-4ED6-8186-FD506313122F.jpeg



スポンサーサイト



トラックバック0 コメント0
ブルーライトカットレンズの事をもっとを知ろう
2022-08-05-Fri  CATEGORY: 未分類
ブルーライトカットも一時期TVで宣伝された事もあり、誰もがブルーライトカットレンズに飛びついた❗️

そして昨今では、小児眼科学会さんが、ブルーライトカットは小児のは必要ないと言う見解が出ました。

それを小児眼科学会さんと言う文面を省いてSNSで拡散されてしまった。

実はブルーライトカットレンズは、これだけ多くの人が知る以前からありました。

ただ、まだ今程PC💻やスマホ📱が普及しておらず、また当時のメガネ店従業員さんも機能に半信半疑だったから、それ程普及していなかったのです。

最近では、これだけPC💻やスマホ📱が普及して状況も変わりつつあります。

今ブルーライトカットレンズと言うレンズもコーティングされたブルーライトカットとレンズの中に練り込まれたブルーライトカットと様々なレンズが出て来ました。

通常ブルーライトと言われる光は400nm(ナノメートル)以上から460nm位の人間の目に見える可視光線の光の波長を指します。

最近はオゾン層の破壊が進み地球🌏に降り注ぐ光も年々強くなっている様に感じます。

3年位前のブルーライトカットレンズは、440〜460nmの光を10%〜15%位をカットした物でした。

最近出て来ている、ブルーライトカットレンズと言われるレンズは、それより低い420nm言うHEV【ハイエネルギーヴァイオレットライト】と言う波長をカットするレンズです。

カット率は、各レンズメーカーさんによって多少の違いはございますが、元々の生地は同じメーカーさんから提供されている物が、主で、そこまでのカット率の違いは無いかと思われます。

420nmのカットレンズの良い点は、40代位から徐々に硝子体が減少してきます。

減少した時に網膜が少し剥がれます。その剥がれる時に見える物が、よく耳にする飛蚊症と言われる症状です。

『余談ですが、飛蚊症がやたら多く見えたりした時はすぐ眼科様に受診されてください。放置してしまうと失明する恐れがあります』

特に低波長のHEVは網膜に刺激を与える可能性があります。

低い波長のブルーライトカットは、黄斑変性症や網膜剥離等の予防にはなるのではないかと私は自分の経験から思います。

またブルーライトは交感神経を刺激する光なので、440~460nmのブルーライトカットは夜遅くまでPC作業やスマホを見る方には、脳に刺激を与えない様にするには有効かと思います。

ブルーライトを浴びたから目が悪くなると言う事は、無いと思いますし、疲れなくなると言うのも気休め程度かと私は思います。

ただお子様のブルーライトカットレンズについては、小児眼科学会さんから発表があった様に、ブルーライトは目の近視の進行を抑制する働きがあり、それをカットしてしまうのは、近視進行を進めてしまうので有害であると言われていました。

よく昔から『子供は外で遊べ』と言われるのは、遠くを見る事、ブルーライトを浴びる事で近視進行を抑制すると言う事で、昔の人は感覚的にそれを知っていたのではないでしょうか❓

レンズは色々な性格をもったレンズがありますので、適材適所で使い訳をお勧め致します。



44660BE1-D7F6-4325-BDEA-F7DD2FD6E875.jpeg


#ブルーライト #ブルーライトカットメガネ #ブルーライトカット #眩しい #まぶしい #PC用メガネ #パソコンメガネ
トラックバック0 コメント0
認定眼鏡士と眼鏡作製技能士
2022-07-28-Thu  CATEGORY: 未分類
メガネユーザーの大半の方は、視力測定をする者にも資格が有ると言う事は、知らないと言うのが現実だと思います。

眼鏡業界には、眼鏡技術者協会と言う協会があり、その協会独自での技術研鑽をする為の、眼鏡士と言う資格がありました。

現在もまだ有効な資格ではありますが、国家資格化の推進で国家資格へ移行する事が決まりました。

本日はその移行の為の特例講習会でした。

勿論、資格が無くても視力測定をしてメガネを販売する事は出来ますが、視力測定の安心、信頼と言う点では、今後世の中のメガネユーザーさんの見方が変化してくるのではないでしょうか❓

元々認定眼鏡士を取得するには5年の実務経験が有る者が、眼鏡技術者協会が実施する難関な試験に合格するか、眼鏡専門学校で2年の通信教育を卒業しなければ取得出来ません。

有資格者は、勉強してある程度の知識も有しております。

メガネは作る人で見え方が大きく変わるので、今まで他業種が入り込み難かったのは、やはり技術者が少ないと言う現状があり、技術者が集まり難かったと言う事があります。

特にガラスレンズが主流だった、今から40年程昔は、加工にもとても手間が掛かり、ロスもかなり出ました。1日に1本完成させるのが精一杯でした。

それからプラスチックレンズが主流になりはじめると、加工のロスも減り、利益が大幅に出る様になり、店舗を増やしチェーン展開をし店舗数を増やす企業さんが多々出てきました。

この時点で企業は利益を優先し、技術者の育成に力を入れなかった事が、後々ロープライスと言われるお店さんに力を付けさせる原因となりました。

メガネユーザーさん的には、5万もするメガネも1万円のメガネも見え方が変わらなければ、1万円のメガネでいいとなりますよね。

近年、眼鏡の測定機器の発達で未経験者が測定しても、おおまかな数値が出せる様になりました。

ただ人間の目ですので、測定機器だけの視力測定では快適なメガネにはならず、見え方に不満や不安感を抱かれた方のみが探して眼鏡技術者の在籍するお店に辿り着くと言うのが現状の様です。

だからもっと資格が有る事は広がった方が、良いとは思うのですが、本来の目的で有る目を守ると言う事を忘れてはいけないと思います。

AF0D340B-70F5-4100-B8A2-443440571413.jpeg
トラックバック0 コメント0
最近増えているスマホ老眼と言われる目
2022-07-25-Mon  CATEGORY: 未分類
最近多いスマホやPC作業が増えて、小中学生でもスマホ老眼と言われる、目の状態になっている方が多いです。

なぜなのか?は私は眼科様では、有りませんのでわかりませんが、近くを見過ぎて、目の調節機能が近くで固まってしまっている様に思われます。

目を暖めて血行を良くしてあげたりすると良い様です。

40代で近くを頑張って見てしまうと、目の調節機能に負荷がかかり、調節性内斜視と言われる目の症状になられていらっしゃる方も多くいらっしゃいます。

目の調節機能は38才あたりをピークに、その後は衰えていくと言われております。

むしろ流れに逆らって無理をすると、目に負荷が掛かり無理します。後々厄介な事になります。

近くの作業をした後は出来る限り遠くを見る、目の周りを暖めて血行を良くする、無理をせず早めに目をサポートしてあげると言う事が大切です。

838FBE6C-7DD3-48BE-A406-BF6075E9C3D8.jpeg

トラックバック0 コメント0
消費者様からの疑問にお答えします  『メガネのレンズは高い方が見えるのか?』
2022-07-23-Sat  CATEGORY: 未分類
確かに各レンズメーカーさんは、高い方が設計が良いし、新しい設計と言われます。

私も色々とレンズを掛け比べてみて思うのが、レンズは、高いから良いではなく、その人の目の質によって合う合わないが重要で有る事に気がつきました。

価格が安くても、使いかっての良いレンズも沢山有りますし、遠くが視易い、目線移動が楽、近くが視易い、揺れ歪みが少ない等、レンズによって違いますし、その人との相性や使い勝手によって変わります。

ただ結論を言うと、どんなに高価で高性能なレンズを使っても視力測定の基本が合っていなければ、メガネフレームの調整がしっかり出来ていなければ本来の性能は発揮しないと言う事です。

前回の書き込みで不同視と言う左右の視力差の有る方が、見えない方の目を弱く作っていて斜視と言われる片目で見る状態になっていたと言う方がいたと言う事を書かせて頂きましたが、左右の角膜頂点間距離を調整してあげれば、解決した事だったのです。

その方のメガネは大手ロープライスショップのものでしたので、測定者のレベルは、その位であろうと納得出来るのですが、今回ご来店された方は大手百貨店内のメガネ店さんと眼科様と深い関係性の有るメガネ店さんだったので残念に思いました。

そのお客様は2回メガネを作られたのに、合わないと言う事でご来店頂きました。

その方は目のズレが大きい方でしたので、それが今回のお悩みの原因でした。

基本で有る両目のバランス測定と斜位測定をしてしっかりと主訴を聞いてコミュニケーションを取っていれば、発見出来ない事ではないはずなのにと思ってしまいました。

レンズは高級な物をいれたから見える訳ではないのです。

私もしかりですが、レンズの性能や測定機器にばかりに頼ってしまうのも気をつけないといけないと思います。

一番は基本の測定がしっかり出来ている事、その方の使い勝手の良さそうなレンズメーカーさんを選びお作りさせて頂く事が大切かと思います

当店の場合12メーカー(ニコン様、ホヤ様、カールツアィス様、東海光学様、イトーレンズ様、伊藤光学様、セイコー様、昭和光学様、アサヒオプティカル様、コダック様、レブラ様、ビュイ様、)位のお取扱いをさせて頂いており、その中からお選び頂いております。

不同視と言われる方は、なぜコンタクトレンズが良いのか❓は目からレンズ迄の距離がないから不等像視がでないのです。

だから目とレンズ迄の距離を短くしてあげれば良いのです。

また強度近視の方のメガネについては後程書かせて頂きます。

11A35324-2DA0-42DA-A0A7-16955CC05DEA.jpeg

画像のお客様と内容は違います。画像は−7.00です。
トラックバック0 コメント0
<< 2022/08 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


Copyright © 2022 さいたまおしゃれメガネwalk. all rights reserved.