FC2ブログ
さいたまおしゃれメガネwalk
森の時計はゆっくり時を刻む
2016-06-23-Thu  CATEGORY: 未分類
森の時計とは北海道富良野にある倉本聡さんプロデュースの喫茶店である

森の時計に飾ってある壁掛けに「森の時計はゆっくり時を刻む」という言葉がありますが、実はその後「だけど、人間の時間はどんどん早くなる」と続くんです。

以前、時計メーカーの方に「10年で1回りする時計を作ってほしい」とお願いしたとき、最初は受けて頂いたんですが、結局断られてしまいました。担当者いわく、今の技術は「早く」することや「正確」にすることには対応できるけど、時計を「遅く」することはできないと言うんですよね。
(中略)

僕は「時計」と「時間」はまったく違うものだと実感したんです。「時計」は単に約束ごとのために存在するもので、「時間」そのものではないと。昔の人の生活は自然の時間に合わせたものだったけど、いつの間にかそういう生活が失われてしまったんでしょうね。そんな思いをこの言葉に込めたんです

そしてこの眼鏡フレームにもそんな想いが込められているんです

2016062312293532f.jpg

私も想う所があってこの眼鏡を購入する事にしました
今、世の中の人達が我先に自己顕示欲を満たす為に全ての物を破壊していく・・・
果たしてそれで良いのだろうか?

もう一度自分を振り返ってみて下さい
無くしてはいけない物を、貴重な日本の伝統文化を、そして日本人の心を忘れていませんか?

20160623123015216.jpg
スポンサーサイト



トラックバック0 コメント0
日本の伝統的技術を保存する明治村は素晴らしい
2016-06-23-Thu  CATEGORY: 未分類
まずはSLや市電が走る姿で大事に保存されている事に驚きました
さいたま市では機関車を解体する方向の様で残念ですが・・・

201606230745096a4.jpg

この天井はお風呂場の天井で、お風呂から出る水蒸気で水滴が垂れない
様な作りになっているんですね〜

20160623011240a98.jpg

この窓は換気扇の代わりになっているんですよね

2016062301123077e.jpg

そして増築されたここはサンルームとなっており日が入り風が抜ける作りになっています

20160623011254386.jpg

冷房が無かった昔の家では風が通しを良く作られていたのですね〜

20160623011311544.jpg

ここは写真館の窓なんですが、このカーテンで陽の入り加減を調整して
素晴らしい写真を撮っていたのですよね

20160623011550a33.jpg

これは知ってる方も多いかも知れませんが蚊除けのカヤです
考えて見ると自然の風が通り虫から守るには最高ですね

201606230110444b0.jpg

こんな時代から吹抜けの天井はあったんですよね〜

2016062301102672f.jpg

この窓は日本人の粋が集結された作りになっています

20160623011024324.jpg

この細かい千鳥のデザインなどが粋なデザインになっています

201606230109569aa.jpg

この風穴で床下の湿気を逃し倉庫代わりの保管庫になっていた様です

20160623074846d15.jpg

舞台の下の奈落です、舞台を回すにもこの奈落に色々な仕掛けがあり素晴らしかった

2016062307441076b.jpg
トラックバック0 コメント0
<< 2016/06 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


Copyright © 2020 さいたまおしゃれメガネwalk. all rights reserved.