FC2ブログ
さいたまおしゃれメガネwalk
私がなぜ?HOUSE・BRANDに拘るのか?それは日本の景気にも関係するから・・・
2016-10-14-Fri  CATEGORY: 未分類
私1人の力などたかだか知れているとは思う、でもこれを訴えていかないといけないと思うので書かせて頂きます

先日も書いたのですが、今ハンドメイドの靴を買うのも服を買うのも日本製を見つけるのが大変になりました

先日テレビで中国が関税を上げて国外での買い物に上限を設けたというニュースがありました

中国政府は国外から獲得した外貨を外に出さない様に国内で回して景気を支えようとしているのでしょうね

日本もかつてはそうであった様に外貨獲得によって潤っていたと思います

所がいつ頃からだかろうか?過剰生産が値引き競争に火を付け人件費を抑える為に大企業と言われる大手企業が東南アジアに工場を作りはじめた、その影響で国内の工場は次々と閉鎖に追い込まれた

だが今その海外の工場が日本の技術を身につけ価格競争でどんどん日本製品の世界的シェアを奪い取っていきました

いい例が家電製品でついには台湾の企業に買収されると言う事に、そして従業員はリストラに遭うという憂き目に遭いました

利口なトヨタさんは部品工場は国内の工場を使い生産ラインだけを海外に移しておりますからトヨタさんの技術は守られております

アパレルも家電製品と同じで縫製工場が無くなり今では日本製を探すのが大変な状態です

眼鏡工場もその傾向にあります、ただ縫製も眼鏡もまだまだ東南アジア諸国は追いつけない技術を持っているのです

画像の眼鏡の様な細かい作業はまだまだ東南アジア諸国の工場では出来ません

こういう技術は継承されていかないと無くなってしまったらその時点で終わりなんです

眼鏡業界の状況に関して私なりに感じている事を書かせて頂くと最近は昔に比べて東南アジア産の眼鏡フレームの価格も上がってきている気がします

もう価格は日本製と大差が有りませんが技術の差はまだまだあります

もし眼鏡フレーム工場が日本からなくなって製造出来なくなったら品質は下がり価格は東南アジア諸国の工場の言い値で買わされないかと危惧しております

そうなったら低品質で価格だけは高いと言う状況にならないか凄く心配です

だからこそ日本人がデザインして日本人が作るもの作りを大事にして欲しいとそして日本の国内でお金を循環させる事が景気を回復させる一つではないのでしょうか?

安いとはいえ1万円の眼鏡を年間3本買えば日本製を1本買えます

ただ『眼鏡なんて安いのでいいんだ』の一言がお金を外国に放出してゆくゆくは自分達の首を締める事になっていないのか?を冷静に考える時期にきているのではないのでしょうか?

安いと言う一言でMの時の様に腐った肉を食べさせられて海外にお金をあげる様な事をしている場合ではないと思うのは私だけでしょうか?

k.jpg
スポンサーサイト



トラックバック0 コメント0
<< 2016/10 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


Copyright © 2019 さいたまおしゃれメガネwalk. all rights reserved.