FC2ブログ
さいたまおしゃれメガネwalk
眼鏡の検査や正しい眼の知識の大事さより多くの方に知って頂く為には・・・
2016-12-15-Thu  CATEGORY: 未分類
と色々と試行錯誤のイベントをやらせて頂いております、眼鏡店に行くと買わなければいけないと思うから気楽に行けないんです
と言うお話をよく耳にします

また見え方がおかしいと思って眼科さんに行ったけど大丈夫だと言われたのですが、どうしても見え方が可笑しいんですと言うお話もお聞きします(その理由は朝の珈琲を飲む会で語りたいと思います)

肩こりが激しいとか眼精疲労が酷い場合は眼鏡に問題が有る事が多々有ります

自分もそうですが眼に合わない度数になった眼鏡は掛けなくなりますし疲れます

私は眼鏡屋なので色々なパターンを試してみてますが、まず両眼のバランスが合う眼鏡が一番楽に感じられます

重要なのは眼鏡のレンズの様な気がします、なのでその方の眼の動きや使い勝手を良く聞いてレンズのソムリエのつもりでレンズの選択をしております

今まで日本には眼鏡を楽しむと言う文化が無かったのでお洒落な眼鏡が有りませんでした、でも今は眼鏡デザイナーさんが作るお洒落な眼鏡が沢山出ています、眼鏡は自分の顔の一部ですから是非これからの時代、眼鏡でファッションの差別化が出来る様な眼鏡文化になればいいなぁと思います

新作が入荷してます、どれも私が厳選して選んだお勧め出来るフレームです

201612151425158ae.jpg

トラックバック0 コメント0
眼鏡の検査も調整も毎日考えながら行っていると
2016-12-13-Tue  CATEGORY: 未分類
少しずつでは有るけれど経験から多くの事を理解する事が出来る様になると思う

私はあまり計算は得意ではないし理数系は苦手なので講習会で言われている事を全て理解して飲み込むのは難しいけれど・・・

今年は沢山の講習会へ行かせて頂き色々なお話を聞いて要点は押さえる事は出来たかなと思います

講習会へ行くと色々な経験からのお話も聞けるし講師の方に色々質問も出来るので私みたいに計算が苦手な頭の悪い人間でも勉強する事が出来ると言うか頭が悪いから沢山講習会に言って聞ける事を沢山聞かないといけないのです

勘と言うと言い方は悪いが眼鏡の度数決定は本当に微妙だと思います

眼鏡学校である程度の基礎知識を学び色々な講習会で学んで色々な方の眼を測ってきた経験による勘は結構頼りになったりする

眼鏡の検査は相手が有る事なので決して計算通りに公式通りにいかない事が事実だと思います

だから最終着地点の微妙な所はお客様とのコミュニケーションをとりながら経験値からの勘だと思うのです

眼鏡の調整もそうですが私は自分が鼻の部分のパットが合わないと嫌な人なので合うまで一週間でも毎日調整する人なのでお客様の気持がわかる

お陰様で今では他で合わなかったお客様も納得して頂ける様に調整出来る様にはなりました

また色々な方から色々な事を学ばせて頂けたので少しずつでは有りますがフレームの見極めも出来る様になって来れたとは思います

これからも色々と検査や調整が難しいと言われるお客様もご来店頂くとは思いますがこんな私でもお困りになられている方に少しでもお役に立てたら嬉しいです

00000.jpg
トラックバック0 コメント0
眼鏡は自分の顔だと言う事と自分の眼だと言う認識があがって来ている様に感じる
2016-12-12-Mon  CATEGORY: 未分類
最近眼鏡はただ安ければ良いと言う考え方からエンドユーザーさんの考え方が少しずつ変わりつつ有る様に思えて嬉しいです
つい先日も今まで面接に受からなかった方が眼鏡を変えたら一発で合格したとのご報告を頂きました

また遠近両用眼鏡は測る人でこんなにも変わると言う事をご理解頂ける様になってきている様でうれしいです

また両眼開放屈折検査で作った眼鏡に変えたら眩しさが減ったとか疲れなくなったとか嬉しいお声を頂ける様になりました、コツコツですが、少しでも眼鏡の大事さの認識があがってくれれば嬉しいです

最近ではありがたい事に口コミで眼の相談に来られるお客様が増えて来ました
またいつも遊びに寄って頂ける方も増えて共感してくれる方も増えて嬉しい限りです

ただ相談にいらして頂いた方のお話をもっとしっかり伺える様にするにはどうしたら良いか?
またお店の前を歩いている方に中の素敵な眼鏡フレームを知って貰う為にはどうしたら良いか?等色々と研究中です

色々考えた結果、うちのお店は大手企業さんとは違うので集客と言う事で考えて戦略を考えるよりもご来店頂ける方にいかに喜んで貰えるかを考えた方がいいと言う結論に至りました

それが眼鏡の講習会に参加して勉強して少しでも合う眼鏡が作れる様な検査が出来る様になる事であり、少しでもゆっくりとお話を聞けてわかりやすく説明出来るスペースを確保する事です

後は自分のオリジナリティはお店の外装であり内装であり置いている眼鏡でありです、それは画像を見て見た方に合うか合わないかのご判断を頂くしかない事だと気がつきました

とにかく眼鏡は自分の顔であり自分の大切な眼で有ると言う事、眼鏡は医療補助機器で有ると同時に眼の保護もしていると言う事、自分の第一印象を決める自分の顔で有ると言う事も今後とも訴えていきたいと思います

20161212105419479.jpg
トラックバック0 コメント0
遠近両用眼鏡レンズは意外に簡単には作れない
2016-12-10-Sat  CATEGORY: 未分類
今日はなぜか?遠近両用眼鏡の相談ばかりを受けています(^^;)
最初の方は奥さんがうちの常連様で旦那様は他で購入されたみたいです

眼鏡を作る時にダブルとの主訴をお話はされた様なのですが大丈夫じゃないですか?と言う事で今回そのまま作られたそうですが何か遠くを見るとダブって見えるのでおかしいと思ってご来店頂きました

ダブって見えるとの主訴でしたので検査させて頂いた所上下の斜位が4〜5prism出て来ました
外斜位もありましたので外斜位を少し入れてみると上下斜位は減りましたが消える事はありませんでした

結果は外斜位1prism上下斜位2prismでした、念のため斜位の専門の眼科さんに行かれる様にご提案させて頂きご紹介状をお持ち頂きました

その次に来店されたお客様は一度当店でお作りになって頂いているのですが、今回は近所で遠近両用をお作りになられた様ですが見えないとの事でご相談に、お度数を測ってみるとお度数が弱すぎる、こちらのお客様は眼に疾患がある方で普通に測ったのでは視力を出す事が出来ないのです

ただそのレンズの保障期間のうちに確認したかった様です、そのお度数をお渡ししてそれで作り直して貰って下さいと詳細なデータをお渡しして作り直しに行って頂きました

お二人とも他で作ったのはいいが調整や測定したお度数が合わず相談にと言う事でいらっしゃいました、一度他で購入して頂いても返って来て頂けて良かったです

遠近両用眼鏡は特に最初の掛けはじめが肝心です、遠近両用眼鏡は最初で掛けられる掛けられないが決まります
『最初だから安い遠近レンズでいい』ではなくて最初だからこそいい遠近両用レンズの眼鏡をお作りください

2016120914463390f.jpg
トラックバック0 コメント0
その為の検査、非遮蔽検査(両眼開放屈折検査)の講習会その後👓
2016-12-08-Thu  CATEGORY: 未分類
昨日は非遮蔽検査(両眼開放屈折検査)の講習会に行って来たのですが、とにかく眼鏡の検査方法は色々とあってどれが正しいがなくてはまればはまる程難しい・・・

検査方法を色々と覚えれば覚える程に頭が混乱します、今日はシステム検眼器の取扱説明書と朝から戦っております
少しでも短時間で少しでも楽になる眼鏡の視力矯正が出来る様にシステム検眼器のシステム作ってます😅

今までの片眼遮蔽検査ではでない眼の調節力の部分に注目しております、まだ両眼開放屈折検査は一般的に普及しておりませんがそのうちに主流になると思います

検査をされて見たい方は是非測定にいらして見て下さい❗️

20161208172605509.jpg
トラックバック0 コメント0
本日はこちらで講習会
2016-12-07-Wed  CATEGORY: 未分類
受けてます、非遮蔽検査(両眼開放屈折検査)です

色々と吸収して来ます

20161207171333d09.jpg
トラックバック0 コメント0
トランプ大統領
2016-12-06-Tue  CATEGORY: 未分類
人によって好き嫌いはあるでしょうけど

この人の言ってる事は間違っていない気がする

特にここの部分【「中国は自国通貨を切り下げること(それによって米企業が競合するのは困難になる)、中国向けの米製品に重税を課すこと(米国は中国製品に課税していないのに)】

当たり前の事で自国から他国へ外貨が流れれば自国は潤わないのは当たり前の様な気がする

無理な価格競争が技術競争を衰退させてデフレを引き起こしているのはわかりきっている事だと思う

ここの部分は日本も同じ事が言えると思う

他国から輸入?他国の工場で作った物に関税を上げないと人件費の安い国との価格競争では勝てないと思う

良く『安いならなんでもいいよ』と言われる方もいらっしゃいますがその行為が自国を衰退させている自覚は持った方がいいと思う

外貨が他国へ流れていけば自国の産業が伸びる訳ないですし・・・

皆が【安いもの安いもの】と言って海外製品を購入している間に他国は技術力も上げて競争力を失った自国の産業は衰退していくのです

それは過去のアメリカであり

そして日本のいい例は今の家電業界さんだと思う

経営陣は責任逃れをして中間の高給取りからリストラをしていくと言う悪循環へ陥る

トランプさんはそれが良く理解出来ていると思うからこういう発言が出てきたのだと思う

最近眼鏡でも海外製品の価格が上がってきている、勿論技術も上がっておりますが資源が乏しく産業で成長して来た日本の産業や技術が無くなったら日本はどうするのだろうか?

その時に【安いものでいいよって】言った時にはもう海外製品でも安い物は無いですとならない様にと考える時が来ている気がするのだが・・・

トランプ氏、為替操作や南シナ海めぐり中国を痛烈批判
トラックバック0 コメント0
眼鏡は少し見えない位の眼鏡が丁度いい
2016-12-06-Tue  CATEGORY: 未分類
と名医であればある程いいます、そして出来る限り自分の眼で見える迄見なさいと名医であればある程いいます

また良く寝てともいいます

眼の勉強をすればする程言われる事が理解出来る様になりました

人の眼の見え方は様々です、また見たい見え方や眼鏡を掛ける位置も様々ですからその方が満足出来る見え方にしなければならないのが眼鏡屋ですが・・・

出来る事なら近業作業の多い方は近くを優先にお度数を決定された方が良いと思います

眼鏡で遠くから近く迄の100%の眼鏡は作れないのが現状です

どこかで妥協する必要性があると思います、もしくは近業用遠方用と二本持つ必要性があると思います

近業作業の多い現代社会では近くを優先したお度数にした方が眼は楽だと思います(特に遠視と言われる方)

カッコなんか気にしないよと言うなら画像のEXレンズと言うレンズなら遠方も広く見ますし近方も広く見えて使い勝手は良いと思いますがこれでもパソコンの距離は苦手です

レンズの構造の事を勉強すればする程わかる事がありました

それは人間の眼って凄いんですよ、全範囲を自分の調節力で合わせてしまうのですから😅

ただ悲しい事に年令とともに調節力は無くなります、そして紫外線の影響でレンズに濁りも出て来ます(それが白内障)

それを補えるのは今の所遠近両用眼鏡なのです、レーシックやオルソケラトロジー等と色々言われるけど人の体にメスを入れるのですから必ず失敗はつきものだと理解して下さい

また白内障で眼内レンズに変えないとならない時は近くを優先のレンズにされた方が良いとも思います

なぜなら眼内レンズにする手術をすると人間の眼の調節力の部分が無くなってしまう事もあります(私の経験より)

だから手術をすると言う事をあまり簡単には考えて欲しくはないのです

その時は快適でもその先どうなってしまうのかはまだ誰もわかりません

だから検査も調節力を重視して両眼開放屈折検査やバランス検査等を行う必要性があると思っております

出来る限り自分の眼で見て下さい、そして出来る限り眼に異物を入れる事は避けて下さい

ソフトコンタクトを利用されている方はネットが安いからと安易に買わないで必ず眼科さんで角膜内皮細胞の数を観て貰って下さい

角膜内皮細胞が1500を切ると白内障の手術ができ難くなると言われております

眼の勉強をすればする程皆さんに伝えないといけない事が沢山ありました

安くて見えればそれでいいと言う方はそれでもいいと思いますがそ言う方は後々自分で辛い思いをされて下さい

20161206100727cfc.jpg
トラックバック0 コメント0
見えすぎる眼鏡がいい眼鏡ではないのです
2016-12-05-Mon  CATEGORY: 未分類
今まで主流だった片眼遮蔽検査と言って片眼ずつ隠して検査する方法で測った眼鏡と両眼開放屈折検査(眼の調節力の介入を防いで測る)と言って片眼をぼかした状態で測った検査によって検査して出来た眼鏡ではどう変わるのか

当店で検査したお客様何人かの方のお話を伺った所では(人によっての感じ方の違いはありますが)眼に眩しさを感じなくなったとか、眼の奥の痛みが減ったとか、楽になったとか様々です

勿論私はまだまだ技術が足りないので技術の向上をする為に勉強しないといけないと思うのですが、ただ眼鏡機器だけを頼りにして測定するのは危険だと感じます

なぜなら特に軽い近視と言われている方は一度良く調べてみて下さい、ほぼ眼鏡機器だけを頼りに測定した検査では混合乱視や遠視が検出さません、眼鏡技術者はそこを見つける事が出来るのです

通常の検査だけでは見つけられません、ですので眼鏡を掛けると疲れると言う方は一度技術者のいるお店でしっかり検査されてみて下さい

他にも両眼のバランスを取る事も重要だと思います、これも両眼開放屈折検査をやられているお店さんなら実施されていると思います

他にも斜位検査と言って眼の瞳孔のほんのすこしのズレを調べたり調節力を検査したりします

また眼鏡の調整(フィッティング)もそうですがその方の掛け方の癖等を見てレンズを入れる前にフィッティングをして眼の黒目の位置とレンズの真ん中の光学中心位置(レンズの種類により光学中心位置は変わります)を合わせてから眼鏡を作成する事をお勧めします

フレームも出来るだけ顔に合うものを選んだ方がズレたりし難いのです

そんなほんの少しの説明が大事なのです、とにかく今からは丁寧に説明をして販売すると言う方向へ向かうでしょうね

そんな検査を実施されているお店は個人で経営されている安売りを宣伝していないお店です、チェーン店さんでは認定眼鏡士を持たれている方にお願いされた方が良いかと思います

画像の眼鏡はAKITTOです

20161205153730aa7.jpg
トラックバック0 コメント0
慢性的肩凝りや頭痛、眼精疲労のひどい方、うつ病等の方は
2016-12-04-Sun  CATEGORY: 未分類
意外に眼鏡で改善される事もあります、パソコンやスマホ社会の現代では年令に関係無く近業作業の影響で眼の水晶体を伸び縮みさせている筋力がお疲れになってしまっているのです

それが眼精疲労等を引き起こす『スマホ老眼』と言われる現代病とも言われる症状を起こしております

また眼は交換神経副交感神経が交わる重要な所なのです、ここのバランスが崩れると体調不良を起こすのです

また眼のバランスが取れている眼鏡を掛けると凄く楽になられて肩凝りや頭痛、眼精疲労が改善された方もいる様です

自分に合った眼鏡はうつ病の改善のお役にもたてると思います

2月には眼が疲れる若年層向けのお得な企画も考えておりますのでお楽しみにされて下さい

201612041845093f1.jpg

トラックバック0 コメント0
<< 2016/12 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Copyright © 2019 さいたまおしゃれメガネwalk. all rights reserved.