FC2ブログ
さいたまおしゃれメガネwalk
見えすぎる眼鏡がいい眼鏡ではないのです
2016-12-05-Mon  CATEGORY: 未分類
今まで主流だった片眼遮蔽検査と言って片眼ずつ隠して検査する方法で測った眼鏡と両眼開放屈折検査(眼の調節力の介入を防いで測る)と言って片眼をぼかした状態で測った検査によって検査して出来た眼鏡ではどう変わるのか

当店で検査したお客様何人かの方のお話を伺った所では(人によっての感じ方の違いはありますが)眼に眩しさを感じなくなったとか、眼の奥の痛みが減ったとか、楽になったとか様々です

勿論私はまだまだ技術が足りないので技術の向上をする為に勉強しないといけないと思うのですが、ただ眼鏡機器だけを頼りにして測定するのは危険だと感じます

なぜなら特に軽い近視と言われている方は一度良く調べてみて下さい、ほぼ眼鏡機器だけを頼りに測定した検査では混合乱視や遠視が検出さません、眼鏡技術者はそこを見つける事が出来るのです

通常の検査だけでは見つけられません、ですので眼鏡を掛けると疲れると言う方は一度技術者のいるお店でしっかり検査されてみて下さい

他にも両眼のバランスを取る事も重要だと思います、これも両眼開放屈折検査をやられているお店さんなら実施されていると思います

他にも斜位検査と言って眼の瞳孔のほんのすこしのズレを調べたり調節力を検査したりします

また眼鏡の調整(フィッティング)もそうですがその方の掛け方の癖等を見てレンズを入れる前にフィッティングをして眼の黒目の位置とレンズの真ん中の光学中心位置(レンズの種類により光学中心位置は変わります)を合わせてから眼鏡を作成する事をお勧めします

フレームも出来るだけ顔に合うものを選んだ方がズレたりし難いのです

そんなほんの少しの説明が大事なのです、とにかく今からは丁寧に説明をして販売すると言う方向へ向かうでしょうね

そんな検査を実施されているお店は個人で経営されている安売りを宣伝していないお店です、チェーン店さんでは認定眼鏡士を持たれている方にお願いされた方が良いかと思います

画像の眼鏡はAKITTOです

20161205153730aa7.jpg
スポンサーサイト



トラックバック0 コメント0
<< 2016/12 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Copyright © 2019 さいたまおしゃれメガネwalk. all rights reserved.