FC2ブログ
さいたまおしゃれメガネwalk
想いは必ず形になる
2017-09-04-Mon  CATEGORY: 未分類
私が20代だった頃・・・渋谷・原宿には色々なデザイナーさん達や時代の最先端を行く人達で熱気に溢れていた
当時はロックンロールが流行っていて【CREAM SODA】の名前で有名な原宿ピンクドラゴンが全盛期だった

当時は全国の若い子達がわざわざ原宿まで来てここの商品を買いに来たものです
ショッピングをする事が楽しい時代だったし憧れのカリスマ的存在の方もいらっしゃいました・・・

若い時にはそのカリスマ社長さん達に私の知人と共にピンクドラゴンの地下のレストラン『カバラ』とかでご馳走にもなりました
お店をやる事=そこには一攫千金のアメリカンドリームもあった時代でした・・・

その当時ビームスさんも本店が東郷神社の向かいにありまだ全国展開まではしていなかったと思う・・・
今のユナイテットアローズの経営陣の方がまだビームスさんの仕入れ部隊だったと知人からは聞いております

その当時私の知人もビームスさんの横でバケーションと言うお店をやっていました
私はその当時楽しそうに夢を語り儲かって『ウハウハ』でアメ車を乗り回すその知人達を見て凄く羨ましかった

いつか俺もお洒落なお店をやりたいと心の中で思っていました・・・

でもいつの日か時は流れ私は九州宮崎県へ行く事になり都会のファッションとは離れていきました

そして九州では宝石眼鏡時計のお店で営業させて頂きました宝石ではウノアエレ眼鏡はシャルマンさんがチタンフレームを出した頃で当時はフレームだけで8~9万円位したと思います
当時の時計はコルム・ピアジェ・ラドー・が流行っておりました、まだまだバブルな時でした

ファッション業界はたけのこ族⇒竹下通りの芸能人アンテナショップ(マーシーの店等)そして裏原と称されるエイプさんの様なお店が台頭し雑誌のカタログ販売から一気にインターネット販売へ移行していったと思います

この辺りでバブルが弾けはじめて価格崩壊がはじまり時代に乗り切れなかったお店は淘汰されていきました私の知人も店舗にこだわり多店舗化が仇になりここで時代の流れから脱落していきました

こんな流れを見て来て私の周りの人達が一緒に飲む度に色々と業界の話等をされていたので私のファッションの感性はこの頃の時期に作られたのだと思います

そして確かこの後あたりからSPAと呼ばれる業態のユニクロさんやファストファッションが台頭してきていつのまにかファストファッションと言われる業態のビルが明治通りを占拠してしまいました

私は縁があってまた眼鏡業界へ戻って来たのですが何か違うと違和感を感じながらもネクタイにシャツとズボンで眼鏡を販売していたのですが良くなる傾向は見えず明るい明日は見えませんでした・・・

そして色々とお店をやっていくうちに本当はこういうお店にしたかったんだと言う想いがでて来て徐々にではありますがいつの間にか自分が昔想い描いていた様なお店の形になっていました

まだまだ発展途中ではありますが思い起こせばきっと今の形は私が若い時に想い描いていたお店の形に近いものだったのだと思います

そう考えると想いはいつか知らないうちに形になるんですねー私が若い時にお世話になった方々の様な強烈なカリスマ性は有りませんがいつの日かそんなカリスマ性の有る自分になれる様に想い続けたいと思います

20170904094603214.jpg
スポンサーサイト



トラックバック0 コメント0
<< 2017/09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


Copyright © 2020 さいたまおしゃれメガネwalk. all rights reserved.