FC2ブログ
さいたまおしゃれメガネwalk
皆様本年もありがとうございました
2017-12-30-Sat  CATEGORY: 未分類
本日無事本年の営業を終了させて頂きました

今年は飛躍的な一年を過ごす事が出来ましたありがとうございました

来年は創造する年にします❗️来年も宜しくお願い致します

年明けは5日(金)より営業致します

201712301911114b6.jpg
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
大手眼鏡店さんとの差別化
2017-12-28-Thu  CATEGORY: 未分類
大手眼鏡店では提案出来ない検査と素敵なフレームを提案する

お店になる為には自分の検査技術向上と自分のセンスとお店の空間作りが大切だと思います

検査技術を向上させたいので色々な講習会や眼科医さんや眼鏡店さん等との交流にも積極的に参加させて頂いております

検査をしっかりとやりたいので検査の空間とゆっくり出来る空間とを分ける扉をつけました

またゆっくりとご自分にお似合いのフレームを選んで頂きたいので空間もプロデュースさせて頂きました

自分らしさのセンスも磨きたいので渋谷、下北、代官山界隈を徘徊させて頂いております

先日あるセミナーを受けて自分の方向性が間違っていない事に気がつきました

そのセミナーはこちら➡︎ ライトハウス

これからも色々なメガネフレームや目にいいレンズ、お客様に合うレンズのご提案をさせて頂きたいです

これからもテラスメガネは大手眼鏡店さんでは出来ない事を提案させて頂きたいと思います

2017122722533733e.jpg
トラックバック0 コメント0
私が個人のメガネデザイナーさんがデザインされたメガネが好きな理由
2017-12-25-Mon  CATEGORY: 未分類
早いもので私も独立して9年目を迎える事ができました\(^o^)/
これも皆様の応援があっての事だと思います、本当にありがとうございますm(_ _)m

ところで私がなぜ個人のメガネデザイナーさんが作るメガネが好きなのかと言うと
それはここまで来る間に色々と学びがあったからなのです

①会社組織の企業さんのメガネフレームは1年位で特価品が出回る事
(過去に女性に人気のアパレルブランドのメガネ等を販売していた時にお隣のお店に当店の仕入れの半額で卸された事がありました)
流石に最近は売れないから生産を抑えている様で特価品も減りましたけど(^^;)
②自分の所のフレームのクレームは受け付けない
(過去に購入後1年以内のフレームが溶接がはずれ超有名ブランドメーカーさんと喧嘩になった事が有りました)
③方針が覆される
(某メーカーさんが6年前には専門店にしか卸さないので6本仕入れて下さいと言って販売していたのに今ではどこにでも置いてある上にサンプルくれて1本からでもOKだと言う節操のなさ)

ここまでお店を馬鹿にされて迄販売させて頂く気はおきないし『俺達が宣伝して仕掛けてるから売れるんだろう』みたいな態度が大嫌いなんです、しかも売れなくなったら投売りする節操のない態度が大嫌いなんです、なのでそんなフレームを自分が好きになれる訳が無いのです、自分が好きじゃない物が売れる訳がないんです

だから私は途中から自分のお店は個人のデザイナーが自分の想いで作られるデザイナーさんのメガネを中心の展開に切り替えたのです

個人のメガネデザイナーさんがデザインフレームは1本1本にそのデザイナーさんの想いが込められているし色々なレンズの形もあり何より掛けるメガネユーザーさんに喜んで頂けるのです

何事もそうですが関わる人達みんなが幸せになれない物は自然に淘汰されていくと思います

201712250025430be.jpg
トラックバック0 コメント0
メガネレンズのトリック
2017-12-24-Sun  CATEGORY: 未分類
メガネ屋の私が言うのも変ですが、よくメガネさんでレンズの縁の部分を見せられて超薄型レンズにして高いレンズに代になったと言われるお客様が来店されます

勿論お客様に必要な機能で高くなる事は仕方がないしむしろその機能を説明しない方が問題が有りだと思うのです

ですが誰が思いついたのか、今迄この厚い縁の部分を見せて薄型⇒超薄型⇒極薄型へと誘導して単価をUPする事ばかりを考えていたのです、でも実際に削ってみればこんなに薄くなるんです

大事なのはレンズの中心に黒目を合わせるのですから黒目から目の縁までが何センチなのかなのです

トリックにはお気をつけ下さい

20171224105504eb1.jpg

20171224105455b8b.jpg

20171224105500910.jpg

20171224105507b1f.jpg
トラックバック0 コメント0
いい物を身に付ける事の大事さ
2017-12-23-Sat  CATEGORY: 未分類
今、マツコ会議でのテレビで高級時計マニアの交流会をやっておりますが本当に良い物を身に付けるとか本当に美味しい食事をすると言う事は自分のレベルをあげていくには必要な事なのだろうと思うのです

この画像のRIDOL(リドル)と言うメガネも決して派手では有りませんが溶接部や螺子部分等は流石鯖江と思える作りです
またデザインも昔懐かしいツーブリッジタイプなんですが今風にデザインされているのです

高級と言う程のお値段ではないですが、作りは本当に良い物なのです、高い物ではなくても良い物を身に付ける事が大事なんですよ、でも不思議なんですが一度良い物を身に付けると段々良い物が買える自分になれるんですよね

201712231918367aa.jpg
トラックバック0 コメント0
こんなに素敵なメガネフレームや
2017-12-22-Fri  CATEGORY: 未分類
眼を光から守って楽にしてくれるレンズや眼が楽になる眼鏡の検査方法があるのにメガネユーザーさんに全然伝わっていない

まずメガネ業界はメーカーさんもお店さんも今はSNSやブログと言う無料で自分の所の良さを伝える事が出来る媒体があるのに利用していないんですよね・・・凄く残念です

このVioRouと言うメガネフレームは元々個人のお店のオリジナルブランドを作っていた所でチーフデザイナーだった人がヨーロッパのお洒落なデザインのフレームを見て自分達でもデザインをしようとはじまったメガネフレームです

そのチーフデザイナーさんが独立して作ったブランドなんです

この波型と丸のクリアーなフレーム凄くお洒落なので画像で紹介させて頂きます

気になる方がいらっしゃったらお待ちしております

2017122216384884a.jpg
トラックバック0 コメント0
バブルよもう一度
2017-12-21-Thu  CATEGORY: 未分類
の願いを込めてブランド名カムロのディスコと言うフレームのご紹介です

そうこのフレームは横にミラーボールが付いているんです

このフレームはもうあまり数が有りませんので気になる方お待ちしてます

20171220231000275.jpg
トラックバック0 コメント0
OLD&New 古くても良いものは形を変えてリバイバルされる
2017-12-17-Sun  CATEGORY: 未分類
このツーブリッジは私達の父親世代が掛けていたモデルです

古くても良いものは何世紀もの時を経て復活して受け継がれていくものなのです

丸メガネが復活してブロータイプのモデルが復活してそして今年からはツーブリッジと言われるこのモデルが新しくなって復活してきた

オールド&ニュー元の型は古いが古い物の良い部分は残して新しく生まれ変わる

STEADY(ステディ)デザイナーの金子昌嗣氏の優れた感性だからこそのデザインです

今日朝のニュースで50代バブル世代のリストラの話がニュースで話題になっていましたが・・・このメガネの様に古くても良い部分を残して新しい形で是非復活して欲しいと思います

勿論私もバブル世代ですが私は一足先にリストラにあいメガネ屋として復活しました

だからこのメガネが似合うのかも知れませんが・・・

20171217211255728.jpg
トラックバック0 コメント0
<< 2017/12 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


Copyright © 2018 さいたまおしゃれメガネwalk. all rights reserved.