FC2ブログ
さいたまおしゃれメガネwalk
エヴァンゲリオンコラボメガネ 初号機・2号機
2019-02-24-Sun  CATEGORY: 未分類
エヴァンゲリオンコラボメガネ発売❗️

201902242119307c0.jpeg

201902242119363a6.jpeg

あんたバカ
20190224211937401.jpeg

逃げちゃダメだ
201902242119370ff.jpeg
スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
違和感を感じるメガネ
2019-02-22-Fri  CATEGORY: 未分類
20190222095111264.jpeg

理由なく違和感を感じるメガネを掛け続けていると自律神経に影響を与える事もあるのです。

私の経験からですが実際メガネが原因で有ろうと思われるお客様を診ております。

目には調節力と言う筋肉の動きもあります。右目と左目の見え方のバランスが合っていれば調節のバランスを崩さない快適なメガネになりますが右目と左目のバランスが違っていると調節のバランスを崩してしまったりする可能性が高いのです。

また50才近く迄メガネを掛けないで近くを見る為の筋肉に無理をさせると筋肉が痙攣したり固まってしまう事もあります。

頭痛も眼精疲労も肩コリもうつ病も目が原因で起こっている事が意外にも知られていない・・・

真実を知らないままに訳の分からない検査をされたり処方された薬を飲まされたりしている人が沢山いらっしゃいます。

私が100%の検査が出来る訳では有りませんが検査をする事で目の状態でわかる事があります。

だから検査だけでもされて自分の目の状態を知って頂きたいと思うのです。

宣伝でも何でもないんです。ただ純粋に自分の目を知って自分の目と向き合って欲しいそれがこれからの貴方の人生も変えてくれるしこれからの日本の為にもなるからなのです。
トラックバック0 コメント0
何故気軽に検査に来て欲しいと思うのか?
2019-02-15-Fri  CATEGORY: 未分類

201902152129497ad.jpeg


2019021521043403a.jpeg


20190215210432a34.jpeg


201902152104313f6.jpeg

私は検査に100%正解はないと思いますが長年の経験から目のアドバイスは出来るかもと言う視点で検査をしているからなのです

目の検査をしていていつも思うのは丁寧に検査をすればより良いメガネにする事は出来るかも知れないけれど検査に100%絶対はないと思っています

何故ならそこには個人の主観が入るからなのです

計算上はこの数値が絶対だと思ってもその人が我慢出来る性格の人なのか我慢出来ない人なのか?でも変わって来ます

また目には調節力と言う物がありそれが個人差があるのです

なので調節機能解析装置はメガネを作る上でとても参考になるのです

画像①は近くを見る時に右目の調節を使い左目の調節がサボり気味になっているのでは?と推測が出来る

実際に測って見ると遠くの左右のバランスが有っていても近くは右目が見ていた

画像②は左目がサボり気味なのがわかる

実際測って見ると左目は間欠性斜視状態と言い近くを見る時は右目だけで見ていた

画像③はとても珍しいケースで以前片目だけに負担が掛かっていたのを両目のバランスの取れたメガネにしてみたら両目の調節は動く様になったのですが近くが疲れているとでました
目のズレ(斜位と言う)は大きいのですが近くを見る時に寄せる力が強くそのズレの分をかき消してしまう位目の筋肉がマッチョでしたので下手にプリズム処方は出来ないと思い今回は近くを見る時のメガネの度数を弱めて作る事にしました

画像④の方は目が疲れ過ぎて体が感じなくなっておりましたこの方は早めのプリズム処方が必要かと思いました

この様に検査をするだけで色々な目の状態が見えてくる事があるのです


自分の経験値から大体の目の症状から白内障とか目の調節がないのではとか色々と感じ取れる事があるのです

私の診断が間違っていても眼科さんへ行かれる事でわかる事も出て来ます

私達メガネ屋が病名を断定する事は出来ないですから眼科さんへの受診をお勧めするのです

売上欲しさに無理してメガネを作ってもその人の為にはならない

まず決して安い物では無いから作るなら確実に快適に掛けられるメガネを作りたいと思うのです


メガネは数値的にはたかが一段階位の違いで見え方や快適性は大きく変わるのです

特に両目のバランスの悪いメガネは快適にはなりません

目の検査技術の違いを知って頂くには検査を知って頂くしか無いのです

目の検査は一段階の違いで大きく変わる事を知って貰う為にも気軽に検査して欲しいのです

トラックバック0 コメント0
目の検査+αを真剣に考える
2019-02-11-Mon  CATEGORY: 未分類
201902110907282da.jpeg

私はまずメガネ屋だからある程度しっかりした目の検査は出来て当たり前だと思うんです


これからメガネ屋さんが目の検査の他に何を提案したいのかだと思うのです


自分の趣味とコラボしてもいいでしょうし自分の好きとコラボしても良いと思うのです

またメガネ屋なのでメガネスーパーさんの様に体の健康とコラボしても良いと思うのです

勿論私は体の不調を訴えて来られる方の為には医療方面の方との繋がりも大事にして症状に応じてご紹介させて頂きたいと思います

また自分はファッションが好きなのでその両面で訴えていこうと思っています


本当に真面目に体の事を考えている人にお客様をご紹介する事が出来ればそのお客様が幸せになれると思うのです

またメガネをファッションの一部と考えればアパレル関係とも繋がる事が出来ると思いますしお客様が素敵になるお手伝いも出来ると思うのです

売上を上げる事は経営としては大事な事かも知れません


販売戦略として考えるなら私の考え方は間違いかも知れない・・・

でも私はメガネを通して少しでも快適に掛けて頂ける様になってお洒落をして気持ちも明るくなって喜んで頂ける事を考えたいと思うのです
トラックバック0 コメント0
メガネの本質は目の検査
2019-02-10-Sun  CATEGORY: 未分類
2a.jpeg

目の本質は奥が深く勉強しても勉強しても100%のメガネが作れない・・・だから目の検査はやればやるほど泥沼の様に深みに嵌っていくのですが・・・


メガネの本質が目の検査である事を理解しないで検査機器に頼りっきりの検査をしているメガネ店と言えないメガネ屋さんも最低限の確認事項迄はやった方がいいと思っています

連絡貰ってうちのお店に来て貰えばある程度の要点を教える事も出来ますからやる気のある方はいらして下さいね


なぜ他社の人に教える?と思うかも知れませんがあまりに度数が違い過ぎるメガネはその人の視力を落としたりするだけでなくて生活の質をも下げるからです


個人の生活の質が下がると言う事は日本の社会の質も下げるからです

またメガネ嫌いな人をも増やすからなのです


昨日いらっしゃった方がまさにそうだったのです

前に作ったメガネが掛けられなくてメガネが必要なのにしていなかったのです



また以前のブログにも書いたのですが私の母はある病院で医療事故に会い亡くなりました・・・

その時の医師の『検査した方が良いのですか?』との私の問いに『当たり前じゃないですか!検査しなきゃダメですよ』と言う命令口調今でも忘れません


だから私は眼科で『あなたはコンタクトレンズしか無理です』とか『片目が見えてるからいいでしょ』と言う医師や検査員の決めつける命令口調が許せないのかもしれません


勿論真面目に目の事をお考えの先生や検査員さんもいらっしゃいますが中には利益を上げる事が優先の眼科さんや白内障手術で利益を求めようとする眼科さんも沢山あると言う事も知識としてメガネユーザーさんにも知って頂きたいのです



だから『メガネなんて検査機器で測れば数値が出るから検査なんて適当で大丈夫だよ』と言う検査の本質を理解していない人間が売れればよしでメガネ屋を経営として見ている事も許せないと思うのかも知れません

メガネを舐めてるとしか思えない増して遠隔操作での検査など言語道断で人の目をなんだと思っていると言いたいです

そんなメガネ屋はいつかお客さんの評判で客足が減るでしょうと思っています



【人間は両目で物を見ているのです】

人の性格は様々です見えていない人が急に沢山の情報を得ると人によってはパニックになってしまう人もいるのです


私の経験から左右の差が20段階位迄は脳で処理する事が出来ると思いますがそれ以上左右の差があると違和感を感じる方が多いです


両目で見るから立体感があるのです

実際に片目の時と両目の時で見てみて違いを感じて下さいね


ガチャ目でメガネが出来ないとか眼精疲労とか頭痛が酷い肩コリが有る疲れていると言う方は目の検査に気軽にいらして下さいね

眼内レンズを入れる方は左右差を考慮して貰う様にされて下さいね

【画像の漫画はお客様がご自分で感じた見え方の違いを書いてくれました❗️】

とてもわかりやすいので読まれて見てくださいね❣️
トラックバック0 コメント0
眼鏡に対しての私の想い③
2019-02-09-Sat  CATEGORY: 未分類
20190208084304347.jpeg

当時は無我夢中でしたそんな時うちの母親が医療事故で亡くなると言う事態が・・・

きちんと話を聞かなかった私にも責任があるのですが近くの大きな病院の某医者に肺癌が有るかも知れないから内視鏡で検査をしないと駄目ですと言われたのです

ですがその検査で母は命を落とす事に・・・その後その病院に新しく内視鏡が入ったばかりだった事を知りました

母は実験台にされたのだと今思います・・・あの時の・・・『やらないと大変な事になる』と言う命令口調忘れません

201902080843030fa.jpeg

そんな事もあり医療機関にも不信になってしまった私は眼鏡屋をやっているうちに目の検査も似た様な医師や検査員もいる事を知りました

でも勉強しようにもどこで勉強していいのか困っておりました・・・

そんな時にある眼鏡屋さんとの出会いとその眼鏡屋さんに集まる人達との出会いで眼鏡学校に通信教育がある事を知り再度勉強をし直す事にしましたここでの出会いに感謝です


そして今はいい加減な度数で作られている眼鏡を治したり信頼出来る医師をご紹介出来る様な体制を確立出来る様になりました

先日もドライアイでメガネ希望の女性に『貴方はコンタクト以外は出来ない』と言ったコンタクト眼科の検査員とメガネ屋に数値だけで判断するな❗️と言いたい


今あまりにもいい加減な目の検査をするコンタクト眼科やメガネ屋が多過ぎだと思います
『あなたの目に合うのはこれ』っと決めつけてあの医師の様に脅す様に無理に決めさせる検査員が許せない❗️

メガネはお洒落に掛けて欲しいけど反面医療機器だと言う事も忘れてはいけない❗️と声を大にして言いたい

目の検査に100%はないけれどしっかりと検査する事は出来るはず
そうすれば突拍子も無い様な数値の度数のメガネは減るはずです

【しっかりした目の検査で作った快適なメガネを知って貰う為にはもう少しアパレルの要素を取り入れて入りやすい店内を作った方がいいと感じております】

目でお困りの方が少しでも快適な生活を送る事の出来るメガネをお作りしたい出来るだけわかりやすく説明して決めつける様な行為はしないメガネ屋であり続けたいと思います

トラックバック0 コメント0
眼鏡に対しての私の想い2
2019-02-08-Fri  CATEGORY: 未分類
20190208075604909.jpeg

起業する前に埼玉県創業支援センターに通ったり色々な交流会や勉強会にも行って助成金や会社設立の知識など学んで十分な準備もして挑んだつもりでした

アントレを見て色々な職種を見たのですが、経験のあった楽しいと思えたメガネの仕事をする事に決めました、資金面も心配無しFCもオンデーズさんや眼鏡市場さん等ロイヤリティーのないFCを選び最終的にホライズンさんと言う立川の眼鏡屋さんのFCでお世話になる事にさせて頂きました

今思うとまだまだ考え方が甘かったですね

ただ前向きに上手く行く事だけしか考えていなかったのが良かったのかも知れません

今考えたらイメージトレーニングになっていたのかも知れません


当初はロープライス店のFCだったので講習もそこそこでただ価格で販売するホームセンターの中のメガネ屋でした

従業員さんも経験者さんをお願いしての開業でした

でも今思うと色々な事が足りていなかったと思います

今想う足りていなかった原因


自分は相手のお店さんには行かないのに自分の所にだけは来てと言っていました・・・
相手の事を考える事が出来ない人のお店に人が集まる訳ないですよね


目の検査の技術(結局自分の目が楽に掛けられてしっかりと見える自分の目に合うメガネを選びます)
人ではなく自分が検査の技術を持つ必要がある事付け焼き刃程度の講習会で出来る様な甘い物ではないと言う事


業者さんとの交渉相見積もりを取るとか打合せをしっかりするとかですね

他にも色々ありましたがとにかくただかっこいいとか適当に見えればいいとかで販売出来る物では無いと言う事を痛感した時期でしっかりした検査が出来ないとダメだと感じ方向転換をしたのが起業して2年目でした


トラックバック0 コメント0
眼鏡に対しての私の想い・・・
2019-02-07-Thu  CATEGORY: 未分類
z8.jpeg

私が今の現在の形にするまでには色々ありました私は今から35年程前にメガネ店に勤務しておりました

当時まだ私が22才前後の頃です




丁度チタンと言う名のフレームが発売され確か1本8万~10万位したと思います・・・

そんな時にメガネ部として宮崎県日向市の西村一新堂さんというお店にお世話になっておりました

z.jpg

(画像は現在の西村一新堂さんです)

とにかく楽しく仕事をさせて頂きました。当時はまだ検査も今ほど確率された物ではありませんでしたしフレームも今みたいにお洒落なフレームは揃っていなかったと記憶しています

東京杉並区で生まれ埼玉県大宮市で育ち普通にお洒落が好きな子供でした

親の都合と私の諸事情で九州へ行く事になり西村さんにお世話になると言うご縁を頂いたのがメガネとの初の出会いでした



ただ当時はまだ若かった事もあり九州での生活が不満でまた都会へ飛び出して行きました

埼玉へ帰ってくるとその時私の同級生はすでに洋服のお店の経営者としてサクセスストーリー歩んでいました

当時は原宿がロカビリー全盛でホコ天でみんなが踊っていました

ハマトラとか流行りまだVANやJUNが流行っていた頃です



まだユナイテットアローズさんは無くビームスさんが東郷神社の前にしかお店がなかった頃です

元々お洒落が好きだった私は同級生のお店が原宿にあった事もあり良く原宿に通ってました

z4.jpg

ここピンクドラゴンの今は亡き副社長の伴さんと言う方には良くして頂きました

その当時は4階までびっしりお洒落な服で埋まってましたねぇ

ここの亡き社長の山崎さんは原宿のカリスマ的存在で憧れでしたね・・・



そんなこんなでやっぱりメガネとファッションには縁があったのか・・・

当時勤めていた会社が廃業する事になり私は人生の転機を迎えました

z9.jpeg

若い時にやんちゃな事ばかりしてなんの取り柄もない40才過ぎのおっさんの就職先はなく色々就職先を探していた時にメガネ店のFCを見つけました

そこからが私の眼鏡屋人生の始まりです









続きを読む
トラックバック0 コメント0
<< 2019/02 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -


Copyright © 2019 さいたまおしゃれメガネwalk. all rights reserved.