FC2ブログ
さいたまおしゃれメガネwalk
一本の電話
2015-05-12-Tue  CATEGORY: 未分類
今日遠方の方から一本の電話があった
『ネットで見たのですが・・・アンティーク調の・・・が欲しいのですが』
『ありがとうございます。ではいつ頃ご来店になられますか?』
『実は広島何ですがどこに行ってもつまらない眼鏡ばかりなので・・・』

と言う会話でした。ましてレンズの説明などなかったとの事でした
眼鏡店なのにレンズの提案が無い事に疑問を感じる

やはり売上だけを追求して行くとこういう結果になるのでしょうか?
また普通が一番売れると思い込んで変化に対応していないのか?はたまた金銭的問題なのか?

僕は眼鏡業界の展示会に行くといつも思う事がある
いつも変わらぬブースで芸能人や俳優さんに眼鏡を掛けさせて色々な景品を付けて・・・

それがお店がイベント的にお客様に喜んで貰うためにやるのならいいと思うのですが・・・

メーカーさんがお店さんに対してやってもどうなんだろうと私的には思ってしまうのです

偉そうに腕組んでフレームの事もろくに説明出来ないのにうちはロットは何本からで下は何パーセントでと言うメーカーさんの営業の方もどうなんでしょう?っていつも思ってしまいます。いつもどこのブースも会話が変わらないんですよね。

もちろんうちのお店は取引している所では有りません。何となく客観的に見て思っているだけです。

フレームメーカーさんなのにフレームを語らない所が多い様な気がするんです
お店的にはこのフレームを掛ける事によってお客様にどういう利点があるのかを知りたいんです

掛けるのはお客様だし俳優さんが掛けたからどーなのでしょうか?
あるブースでは加工技術を自慢されたけど・・・それって掛ける人に何のメリットがあるのだろうか?

僕はただ売るだけじゃなくて快適に掛けて貰いたいと思うから技術の勉強もするんです
掛けて行く場所がないと言われる方には掛けて行く場所を提供したいと思うんです

掛ける人の事を考える事が一番大事じゃないのかな?

私はお客様が楽しくなる眼鏡売ってます
そしてこれからは楽しくなる眼鏡を掛けて行ける場所を提案していこうと思います

2015051216011807f.jpg
スポンサーサイト



トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/09 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


Copyright © 2019 さいたまおしゃれメガネwalk. all rights reserved.