FC2ブログ
さいたまおしゃれメガネwalk
眼鏡の測定と眼鏡レンズの決め方
2016-01-16-Sat  CATEGORY: 未分類
昨日、お友達のご紹介でご来店頂きましたお客様が遠近両用は『クラクラ』して掛けられないと言われておりました

色々お話を伺っていると年令的には60才でも今は眼鏡が無くても不便なく近くも見える

ただ少し遠くが見えにくいとの事で眼鏡を検討されているとの事、話を聞いて軽い近視状態と判断

念の為測定機器で眼を測定、案の定軽い近視で有る、年令的に言うと近くを見る用の度数は2.50と言う数値になる

大手眼鏡店のお店で教えられるお度数は45才で1.75、50才で2.00、60才で2.50がセオリーです

ただ人の眼は様々まして60才まで眼鏡を掛けた事のない眼鏡初心者がそんな強い度数が掛けられる訳がない

お話の中から眼鏡がなくてもお近くはご不便していない様子です

ですので近視−1.25と言う数値に対して近く用を歪みを抑える為に弱い+1.25との言う数値を入れて近く用は眼鏡のない状態と一緒にした

この眼鏡で有れば遠くは良く見えて近くも困らないし揺れも歪みも感じないはず

暫く掛けて貰って試して頂いが大丈夫の様なのでこの度数決定させて頂きました

ですが、手元中心のお仕事なので、念には念を入れてレンズはより歪みが少なく手元が楽に見える

中近レンズを使用しました、また両眼バランステストをした所今までご使用されていた眼鏡は左が少し強い事が判明したので左右の度数もバランスを取り直しました

確かに眼鏡は眼鏡機器の使い方を覚えて少し勉強すればそれなりには作れます

近視や老眼等のいわゆる単焦点レンズと言われる眼鏡はほぼ問題なく作れるでしょう

でも遠近両用眼鏡と言われる二重焦点レンズはそんな簡単な代物ではない、お客様の使用方法や眼の癖アイムーブ型(頭を動かさないで眼だけで見るタイプ)なのかヘッドムーブ(頭を動かして見るタイプ)なのか?

お客様が近くは何センチから何センチの距離を見たいのか?近くを広く見たいのかそれとも遠くを優先したいのか?など色々お話を聞きながらその方が使いやすいお度数とレンズを選択させて頂くのです

下の画像はウサギさんの眼です。ウサギさんの眼は天敵から身を守る為に360度見えるんです

20160115162944fc4.jpg
スポンサーサイト



トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2019/09 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


Copyright © 2019 さいたまおしゃれメガネwalk. all rights reserved.