FC2ブログ
さいたまおしゃれメガネwalk
眼鏡デザイナーさんの眼鏡デザインに対する想いをコピペさせて頂きました②
2018-01-04-Thu  CATEGORY: 未分類
GARAMON(初代) col,30タトゥー
20180104102532251.jpg

ガラモン (初代)col,30(タトゥー)
2010年製作
フロント部分はチタン製
テンプルはセルロイド製 マット処理方法は業界初方式
製造工場をフロントとテンプルで分業したため偉く高価なメガネになってしまった。
(のちにガラモン2という名称でテンプルもチタン製で作って値段を抑えた)


 私は人の名前を覚えるのが苦手。
名前だけじゃその人の顔も性格も解らないからね。
たとえば佐藤と言われてもどんな人なのか解らないでしょ?
だから適当なあだ名をつける事が多い。(その大半が悪意に満ちているので公表は出来ないけどね)
メガネだってそうだ。
型番号A-203とか言われてもどんな形か解らないでしょ?
だから私は自分の作品にも適当過ぎる名称をつける。
「ガラモン」?
単純に柄があるからガラモンなだけでその他に深い意味はない。

この仕事をやり始めた頃に別のメーカーさんは薄っぺらいステンレスに細かな切抜き模様をレーザーで入れる例が多かった。
でも私はあのペランペランなメガネが大嫌い。だから2mm厚の分厚いチタンを多用したのだが、残念なことに2mmの厚みではレーザーは通ってくれない。せいぜい傷をつけれる程度しか彫れないんだよね。だから手間のかかるワイヤーカットという手法で製作することになったんだ。

レーザーは分厚い素材を切れない。
その欠点を利用してレーザーで柄を彫った作品がこれなのだ。その柄はパソコンをつかって均一な図柄を描いていくのではなく古代人が手で描いたような不確かなものを用意した。

20180104102533863.jpg

そして職人さんにはこう伝えた。
「まるで古い遺跡から発掘してきたような感じで・・・」
職人さんは綺麗に作る技術はあるのだけどわざと綺麗じゃないものを作る機会はほとんどない。
その無理難題を見事にかなえてくれた記憶がある

20180104102534b3c.jpg

20180104102536c44.jpg

スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2018/08 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


Copyright © 2018 さいたまおしゃれメガネwalk. all rights reserved.